新築一戸建大手建売会社、パワービルダーとは?飯田グループとは?なぜ土地情報が集まり仕入れができるのか?【徹底解説】

大手建売会社、パワービルダーとは?

新築一戸建大手建売会社、パワービルダーとは?飯田グループとは?なぜ土地情報が集まり仕入れができるのか?【徹底解説】

パワービルダーについて、不動産業界歴20年以上の元飯田グループ社員が、わかりやすく解説させていただきます。

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入はこちら

パワービルダーとは【新築一戸建】

パワービルダーとは、スケールメリットによる建材の大量仕入れに加え、各工程を自社で請け負うワンストップ体制や広告宣伝費等を最小限に抑える努力、経営管理の徹底によって、コストパフォーマンスの高い物件を供給している会社のことをパワービルダーと呼んでいます。

大手建売、パワービルダーは、広告宣伝費を最小限に抑えるため、営業マンを抱えておりません。そのため、販売は不動産仲介会社にまかせております。現在の新築一戸建ては、自社で販売せずに、仲介会社にまかせていることが一般的になりました。ガツガツした営業で売り切る直売の会社は少なくなりました。

 

大手建売会社 飯田グループとは?

飯田グループHPより

建売会社最大手飯田グループホールディングスです。

飯田グループHDは2013年11月一建設(ジャスダック)、飯田産業(東証1部)、東栄住宅( 東証1部 )、タクトホーム(東証1部 )、アーネストワン( 東証1部 )、アイディホーム(ジャスダック)上場住宅会社6社が経営統合し、その共同持ち株会社として発足しました。上場企業6社による経営統合は、住宅業界の勢力図を塗る変える一大グループが出現しました。

経営統合のきっかけは、パイが小さくなる住宅市場で、パイを食い合っているとよくないということで、経営統合して競争力を高めていくという方向で、統合に向かっていったと聞いています。

経営統合を行っておりますが、各社独自の事業を展開しておりホールディングス体制を通じて、グループ各社が行っている各事業の成長 ・発展を図り、グループ全体の企業価値向上を目指しております。売上高は連結で1兆円を越えております。

飯田グループは1日に約120戸、1年間で約46,000戸以上の家をご提供しています。これは、日本全国で分譲戸建住宅を購入された方々の約30%が飯田グループから家を選んでいることになります。 関東エリアでは、戸建て分譲のシェアは50%くらいになります。

飯田グループHD傘下の中核企業は一建設で、グループの創業者・故飯田一男氏が1967年に設立した飯田建設工業(2004年に一建設に変更)が原点です。

住宅の規格化・標準化を進め、建築資材の一括仕入れを行い、資材調達コストを抑え、パイの奪い合いを防ぐのが経営統合の目的ではありますが、現時点では、各社独自の規格で事業を展開しています。最近ではタクトホームが、飯田産業のIDS工法を採用したり規格が統一されている側面もあります。また、各社建築資材のプレカット工法を採用しており、グループ内で使用する構造木材の多くを自社工場で切断・加工することで、現場での手間を減らし、コスト削減と工期短縮を実現するとともに、住宅品質の均一化を図っています。

飯田グループの共通点

各社共通しているのが、 スケールメリットによる建材の大量仕入れに加え、各工程を自社で請け負うワンストップ体制や広告宣伝費等を最小限に抑える努力、経営管理の徹底によって、検討しやすい価格での住まいの提供を実現しております。

現段階では、6社とも規格はバラバラで、統一されていませんが、将来的には、よりスケールメリットを生かすため、統廃合していく可能性があります。沖縄、北陸、四国にも進出しています。今以上の成長・売り上げを求めていくなら、海外市場を本気で攻めていくしかなさそうです。

「誰もがあたり前に家が買える、そんな社会にしたい」。飯田グループHDはこうスローガンを掲げて、コマーシャルを行っており、グループを構成する6社はいずれも床面積100平方メートル前後、土地付き2階建て住宅を2000万円台前半~3500万円位をメインにして低価格帯住宅を、年収500万円クラスの1次取得者向けに供給している。こうした分譲住宅メーカーは業界でパワービルダーと呼ばれております。
パワービルダー の販売・営業の特徴として、経営合理化のため、販売の営業マンをかかえずに、仲介会社にまかせて、販売しています。新築一戸建てには、仲介物件と売主が直接販売する売主物件がありますが、飯田グループの新築一戸建てのほとんどは、仲介物件の新築一戸建てであるということです。そのため、どの仲介会社を通して、購入するかで諸費用の総額が大きく変わってきます。

関連記事:新築一戸建ての仲介手数料は値引き・無料にできるの?値引き交渉の仕方はこちら

そして、もう一つの大きな特徴は、価格改定のパターンがある程度、決まっているという事です。

パワービルダーは、圧倒的なコストパフォーマンスを出しております。最近の大手建売のパワービルダーは、耐震等級3、住宅性能評価付きを標準としているところが多くなりました。

関連記事:耐震等級3は新築一戸建に必要なのか?耐震1は、震度7が2回で倒壊!

もし、同じレベルのものを地元の工務店が建てようとすると、300万円から400万円の仕入れコストの差でその分、建築費が高くなってしまいます。

パワービルダーの考え方として、在庫回転率を強く意識しているので、値下げをするスピードが、地場の不動産会社と比較して圧倒的に早いのが特徴です。回転率を上げる方が、結果的に、売り上げ・利益率ともに上がると考えています。地場の不動産会社は1年売れていなくても価格をなかなか下げないところは多いですが、パワービルダーはそうではありません。値下げのタイミングは、ねらい目です。スピードが勝負になります。当社では、値下げ情報をいち早くお届けするシステムを構築しておりますので、是非、当社の会員登録をご利用下さい。

関連記事:新築一戸建ての住宅性能評価書とは?大手建売、パワービルダーの建売には耐震等級3が付いている?

飯田グループの見切りの速さは、価格改定のタイミングに現われています。3か月経てば完全に売れ残りという意識に切り替わりますが、中小の分譲会社では、値段を下げずに、1現場、1現場大切に考え、きっちり利益を確保しようと粘って営業していく傾向があります。

経営統合とともに、飯田グループの各社の決算期が統一されました。決算期は3月です。決算期は、お得に購入できるチャンスでもありますので、必ず覚えておきましょう!

関連記事:新築一戸建て、飯田グループの建売の値引き交渉の方法

関連記事:新築一戸建の値引きの相場とは?価格交渉の方法とタイミングの重要性を徹底解説!中古物件の値引相場と比較!

代表的なパワービルダーをご紹介していきます。

飯田グループは、 一建設(ジャスダック)、飯田産業(東証1部)、東栄住宅( 東証1部 )、タクトホーム(東証1部 )、アーネストワン( 東証1部 )、アイディホーム(ジャスダック)で経営統合されました。 持ち株会社体制にしているので、各社そのままで営業しています。

関連記事:新築一戸建て建売住宅はなぜ安い?大手建売住宅のコスト削減方法は?どうやって作るの?

一建設株式会社 リーブルガーデンシリーズ

株式会社飯田産業 ハートフルタウンシリーズ

※飯田産業の子会社 株式会社オリエンタルホーム ハーモニータウンシリーズ

株式会社東栄住宅 ブルーミングガーデンシリーズ

株式会社アーネストワン クレードルガーデンシリーズ

アイディーホーム株式会社 リナージュシリーズ

タクトホーム株式会社 グラファーレシリーズ

飯田グループ以外の大手建売会社

ファースト住建株式会社 ファーストタウンシリーズ

関西の新築一戸建てを無料・半額で購入するはこちら

飯田グループの経営統合した6社すべてが、住宅性能評価・耐震等級3・フラット35S利用可が、標準装備されています。

大手建売の特徴は、全く同等の建物を注文住宅専門の工務店に建ててもらったとしたしても大手建売のような安さで建てることはできません。他社が全くついていけないような徹底したコストダウンをしています。住宅建材の仕入れの金額を他社が聞いたら驚くと思います。

また、大量に土地を仕入れているので、土地情報が集まりやすい状況にあります。万が一、他社と競争したとしても、建物を安く建てることができるので、他社より高く土地を買い付けることも可能になるので競争力が生まれます。いい土地はパワービルダーに買われてしまったり、建築条件付きの土地であったりするので、土地から探して新築を建てたいと考えている方は、なかなかいい土地はないので、大幅に予算を上げて且つ設備・仕様・間取りで妥協する必要性に迫られます。設備・仕様(高気密高断熱等)に特別強い要望がない限り、パワービルダーのコストパフォ-マンスの高い建売住宅は、メリットを享受できると思っています。

気になる性能や評判は

すべての新築一戸建てにいえることですが、現場レベルで見る限り、現場監督によるあたりはずれは供給戸数が、多ければ多いほど可能性は否定できません。同じ分譲地の中でも、それぞれの号棟により大工さんは違います。徹底した管理のシステム化、マニュアル化されていたとしても、気になる方はインスペクションをお薦めします。

関連記事:新築一戸建てを建てる 現場監督って何する人 現場監督の能力によって建物に当たり外れがある!?

関連記事:新築一戸建てを購入する時、インスペクション(住宅診断)をするべきか?インスペクションとは!?欠陥住宅をつかまない!?

飯田グループの大きな流れとは

元々飯田グループの元祖は、1967年創業で、飯田建設工業が元祖です。
平成16年に飯田建設工業から会社名を一建設に変更して2009年にジャスダックに上場しています。

後からでてきて枝分かれしてきた東栄住宅、飯田産業、アーネストワンの方が、一建設よりも先に株式上場を果たし、遅れて、一建設が上場しました。

ただ、株主として一建設(元飯田建設工業)の会長を務める飯田一男さんが株主の有限会社一商事という会社が、アーネストワン等の飯田グループ各会社の大株主となっていて、悲願であった経営統合が2013年、東栄住宅、飯田産業、アーネストワン、アイディホーム、タクトホームが、飯田グループホールディングスを持ち株会社としてそれぞれがぶら下がる形で、各社持ち味を消さず行われました。2013年当時、菅官房長官を招き記念会を開いています。
経営統合後は、飯田産業、東栄住宅、アーネストワン、アイディホーム、タクトホーム、一建設は、経営面でのつながりは強くはなってはいますが、建材の仕入れルートは、各会社とも完全に共有している部分はほとんどありません。
経営統合後は、仕入れの共有化で、更に競争力をつけていくと思われましたが、大きな動きはないようです。各社ローコスト建築を追及し経済的合理性を考えると、設備仕様や建材は、ほぼ同一になるのが必然です。
いまのところ各社色を出して微妙に違う設備・仕様で、経営しているところです。
又、経済的合理性を追求すると、分譲地ごとに個別に間取りを設計するのでは無く、パターン化された間取りを選んで当てはめることになりますが、会社によっては、個別で間取りを考えたりしています。
各社ともに年間数千棟以上分譲しており、年間数百棟の工務店では到底真似の出来ないついていけない建築原価で建築して、すばらしいコストパフォーマンスを出しています。
それは、ユーザーにとっては、魅力的で、割安に戸建を購入できます。マンション相場が高いのに、新築一戸建てが安く、相場を下げているのが飯田グループではないのかさえ感じてしまいます。

飯田グループの流れはこちら

一番シンプルなのが、アーネストワンです。シンプルすぎるとさえ思う現場もあります。
シンプルでもアクセントをつけ見栄え的にも悪くないのが、一建設です。
建物の構造体に力を入れているのが、東栄住宅と飯田産業で、東栄住宅は、建売住宅ではめずらしい長期優良住宅を標準装備しています。
東栄住宅は、比較的、見た目的にもグレードを意識しています。

飯田グループは、網戸がオプションです。なぜ網戸がオプションかはなぞです。食洗器が、オプションというのは、すごく理解できますが。。。

飯田グループ(パワービルダー)は、なぜどんどん仕入れができるのか?

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

家を探していると、見学するたびに、同じ分譲会社だったりするとどうしてこんなに多く仕入れができているのだろうと思うことがあるかもしれません。

土地の情報が集まり、シェア率を高めることができているには理由があります。

なぜシェア率をどんどん高めることができるのか?

なぜ土地情報が、どんどん集まるのか?

答えは、徹底した経営管理と、スケールメリットにより圧倒的なコストダウンに成功し、他社がついていくことができないレベルになっているからです。

建売の場合、出口の金額は決まっています。売り出し価格はいくらが限界かプロであればわかります。建築費をおさえることができれば、土地を高く買うことができます。

そうすると、土地情報が集まりやすくなり、他社と競合しても勝つことができます。そうやってどんどん仕入れ、建築し、シェアを伸ばしてきました。

パワービルダーは建売企画に特化している

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

パワービルダーの特徴として、経営の効率化を図るため、建売の企画の経営資源を特化しています。そのため、物件を売るための販売・営業マンをかかえていないため、販売を仲介会社に任せています。そのため、飯田グループの新築一戸建てを購入する時は、仲介会社から購入することになります。

どの仲介会社から購入するかで諸費用は変わってきますので、お得に購入できる仲介会社をお薦めします。

大阪・兵庫エリアの物件検索もできます!

飯田グループ公式HPはこちら

飯田グループの更なる吸収合併の可能性はあるのか

これから、市場のパイが小さくなる流れの中で、持ち株会社を作って経営統合の更なるメリットを生み出そうと思えば十分、現在の6社が、3社に吸収合併されて、経営統合されていく可能性は否定できません。もともと、経営統合のメリットを享受しようと思えば、資材の仕入れなどを1本化することにより、更なるコストダウンを図ることが可能になります。実際、タクトホームの工法は、飯田産業の工法と統一されており、これから本格的な動きが始まるかもしれません。

グループ企業にはプレカットをしたり、集成材を製造するファーストウッド株式会社がある

公式hpより

平成26年 5月に、飯田グループホールディングスの子会社となりました。ファーストウッド株式会社では高品質な国産材、安定的に供給される輸入材を使用した集成材を製造し、戸建て住宅の構造材プレカット及び羽柄材プレカットを行っています。

月産 1,300棟のプレカット、17,000 m3の集成材工場を併せ持ち、日本最大級の規模を誇ります。

質の高い木材住宅部材である機械プレカット

機械プレカットは、木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を従来は手工具で加工していたものを機械で行う技術です。設計図の情報をコンピューターで読み取り、それを全自動加工機によって切削することで精度の高い柱や梁を生産します。

関連記事:新築一戸建てでよく聞く【プレカット工法】とは

ファーストウッド株式会社の公式ホームページはこちら

グループ企業には システムキッチンや洗面化粧台の製造・販売する ファーストプラス株式会社がある

公式hpより

ファーストプラス株式会社では、システムキッチンや洗面化粧台など住宅設備機器の製造・販売・取付を行っております。

高品質・高機能・低コスト製品を製造販売することで、住宅設備機器を中心とした住空間の充実をはかり、より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を目指しています。

ファーストプラス株式会社の公式ホームページはこちら

飯田グループ6社の中で一番コスト削減に取り組んでいるのがアーネストワン

インナーバルコニーのアーネストワン

飯田グループは、6社が経営統合はしたもののそれぞれの会社は独自性を維持したまま事業を展開しています。経営統合した飯田グループ6社の中で、一番コスト削減にこだわっているのがアーネストワンです。いいかえるとグループ6社で一番建築コストが安く建てれるのがアーネストワンです。

新築一戸建てでも少し郊外のエリアにいくと2,000万円台前半で新築一戸建てが販売されているエリアがあります。

アーネストワンでは、他の飯田グループより建築コストを安く建築することができるため、このあたりの価格帯のエリアでは、アーネストワンのシェア率が高くなっています。関西では、奈良や滋賀、和歌山、兵庫県の神戸より西の明石・加古川・姫路エリアのようなエリアでは、アーネストワンとファースト住建(飯田グループではありません)のシェア率が高くなっているのは必然といえます。

アーネストワンでは、間取りのパターンが決まっており、イレギュラーな地形の土地は仕入れないようにしている傾向があります。そのため、アーネストワンの建売が6社の中で一番シンプルにできあがっています。間取りをパターン化することによりコスト削減ができます。

中でも、コストがかからないのがより正方形に近い形です。最近、バルコニーがインナーバルコニーになっていますが、一般的なバルコニーよりコストを削減することができます。

室内のフローリングの色目等も、現場全体で統一されている傾向があります。

関連記事:飯田グループ、アーネストワンの新築戸建の駐車場、なぜ土間コンクリートではなくアスファルトなのか?

飯田グループは3階建てはあまり手を出さない!

関西エリアで、大阪市内エリアでは、飯田グループもしくは大手の建売会社が分譲している現場は少ないです。なぜなら、大手の分譲会社は、密集している3階建エリアでは、積極的に土地の仕入れを行っておりません。

理由としては、工期が影響しています。回転率を重視する飯田グループでは、資金回収するのに時間のかかる3階建ては避ける傾向があります。また、2階建てより3階建ての方が、売りにくく時間がかかることも影響を与えています。特に大阪北摂エリアでは、3階建てを嫌う傾向があります。全く手を出さないというわけではありません。

また、密集エリアでは、越境のトラブル(空中越境・地中内越境)も考えられます。大手分譲会社では、越境がある場合、その部分は分筆して、対象不動産には入れずに、販売することが一般的です。

そのため、その分、購入のハードルが上がります。また、分筆して1宅地を2区画や3区画にして販売する場合は、確定測量で筆界確認をしなければいけませんが、1宅地でも筆界確認をする会社が多く土地仕入れのハードルが上がります。土地の仕入れ基準が厳しくなるとその分土地の仕入れのハードルが上がります。

関連記事:建売用地の値段、建売業者が買取る場合、いくら?値引き狙うなら値付けの仕方を知る!

関連記事:飯田グループはパワービルダー?工務店と建築費がどれくらい違うのか?住宅設備の値引率がスゴイ!

関連記事:新築一戸建の土地を選ぶ時、失敗しないために最低限確認すべきこと 越境で住宅ローン否決!?境界トラブルに注意!

一建設(飯田グループ) リーブルガーデンシリーズ

スケールメリットによる建材の大量仕入れに加え、各工程を自社で請け負うワンストップ体制や広告宣伝費等を最小限に抑える努力によって、検討しやすい価格での住まいの提供を実現し、「リーブルガーデン」シリーズを展開しております。

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラット35S利用可

関連記事:一建設株式会社の詳細はこちら

関連記事:新築一戸建ての住宅性能評価書とは?大手建売、パワービルダーの建売には耐震等級3が付いている?

関連記事:耐震等級3は新築一戸建に必要なのか?耐震1は、震度7が2回で倒壊!

関連記事:新築一戸建てのダイライト工法は地震に強いの?地震に強い剛床工法とは

関連記事:ベタ基礎と布基礎の違いとは?新築一戸建て購入前の確認すべき点は地盤改良があるかないか!セメントによる改良の物件はマイナス評価!

一建設の家ができるまで 基礎躯体編 【一建設株式会社】
一建設の家ができるまで 完成編 【一建設株式会社】

東栄住宅(飯田グループ)ブルーミングガーデンシリーズ

「全棟住宅性能評価取得、長期優良住宅対応の標準採用に裏づけられた確かな品質」が特徴の戸建分譲住宅「ブルーミングガーデン」シリーズを中心に、注文住宅の「趣暮(しゅくら)」も含め積極的に展開しています。

★長期優良住宅

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラット35S利用可

関連記事:㈱東栄住宅の詳細はこちら

関連記事:新築一戸建の住宅性能評価書、フラット35適合、長期優良住宅って?住宅性能評価書付きのメリットは?

飯田産業(オリエンタルホーム)(飯田グループ) ハートフルタウンシリーズ

創業精神である「より良質で安価な住宅を供給し社会に貢献する」をモットーに、戸建分譲住宅事業、分譲マンション事業を中核事業として、注文住宅事業も展開しております。

飯田産業は全棟住宅性能評価を取得しており、独自開発によるI.D.S 工法によって、耐震性能で最高等級の住宅をご提供し、「ハートフルタウン」シリーズを展開しております。

飯田産業の子会社であるオリエンタルホームは、 「ハーモニータウン」シリーズ を展開しております。

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラット35S

関連記事:株式会社 飯田産業の詳細はこちら

飯田産業 地震に強いIDS工法

タクトホーム (飯田グループ) グラファーレシリーズ

より良いものをより安く、より早く」をスローガンに、第一次取得者層の方々が安心して購入頂けるブランド住宅「GRAFARE(グラファーレ)」を展開しております。

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラットS利用可

タクトホームはIDS工法を採用しています。

アーネストワン (飯田グループ) クレードルガーデンシリーズ

土地の仕入れから商品企画、施工管理、品質管理、メンテナンスまで、より良い「住まいづくり」に専念するビジネスモデルにより、「クレードルガーデン」シリーズを展開しております。

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラット35S利用可

関連記事:株式会社 アーネストワンの詳細はこちら

関連記事:新築一戸建の疑問 耐震 + 制震の家、QUIE(クワイエ) 制震装置(SAFE365)とは 

質と、実。アーネストワンの家づくりへの想い
アーネストワンの特徴

アイディホーム (飯田グループ) リナージュシリーズ

住まいの品質は、暮らしやすさに直結する大切な要素と考え、基本性能を重視した構造と適正な検査で品質を確保するとともに、アウトソーシングを活用することで業務を効率化し、徹底したコスト管理を実現し、さらにスケールメリットを活かした資材や設備の大量購入で、ローコストかつ高品質な住まいを実現し、「リナージュ」シリーズを展開しております。
しっかりした基礎と構造で、強い建物を作り、長期保証とアフターメンテナンスで、安心安全な暮らしをお守りすることを大切にしております。

★耐震等級3

★住宅性能評価書取得

★フラット35S利用可

関連記事:アイディーホーム㈱の詳細はこちら

関連記事:新築一戸建てのダイライト工法は地震に強いの?地震に強い剛床工法とは

ファースト住建 (飯田グループではありません。)

品質を落とさずリーズナブルな価格を実現し、「ファーストタウン」シリーズを展開しております。

関連記事:ファースト住建㈱の詳細はこちら

安心のベタ基礎施工です。
省エネルギー等級4
Low-Eペアガラス
安心の耐震 壁量1.3倍


新築一戸建てのことなら、アーバンサイエンスにお任せください。

大阪・兵庫エリアの物件検索もできます!

住宅ローンの疑問はこちら

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入するはこちら

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました