新築建売大手飯田グループ㈱東栄住宅 ブルーミングガーデンの特徴と性能とは?

㈱東栄住宅

新築建売大手飯田グループ㈱東栄住宅 ブルーミングガーデンの特徴と性能とは?

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入はこちら

㈱東栄住宅の特徴は長期優良住宅

東栄住宅は全国で『長期優良住宅』認定を推進しています。認定には国土交通省が定めた厳しい基準を満たすことが求められるが、東栄住宅の建物はその技術基準をクリアしています。同住宅認定の住まいは税制優遇もあり、若い子育て世代が新築購入を検討しやすくなるメリットがあります。認定の推進はパワービルダーとしての実力の証明だけでなく、購入者へのサービスの一環として捉えています。2018年の調査結果(2017年度)では、長期優良住宅認定の取得数は全国第3位。(日刊木材新聞調べ・2018年10月12日発行)

建売住宅ではかなりめずらしい長期優良住宅を積極的に採用しています。

建売(たてうり)で、長期優良住宅認定の物件は、かなり

珍しいです。

関連記事:新築一戸建の諸費用の具体的な内訳と相場!節約できるのはどれ?いつ支払う?【徹底解説】

経営の合理化のため、販売については、営業をもたず、仲介会社にまかせる仕組みを取り入れています。だからどの仲介会社から購入するかで、諸費用の総額は、全く違ってきます。一部、自社で営業している物件もあります。

関連記事:新築戸建て購入時の仲介手数料が無料になる?!売主物件と仲介物件の違いとは【メリット・デメリット徹底解説】

関連記事:新築一戸建ての仲介手数料は値引き・無料にできるの?値引き交渉の仕方

 東栄住宅は耐震等級3、住宅性能評価付き

長期優良認定住宅

耐震等級3

住宅性能評価付き

地震や風による水平の力に耐えうる床や屋根 (野地板)で構成される水平の要素のことをいいます。床面全体で地震の力を受け止めて耐力壁に平均的に力を伝えることで耐震性を高めています。さらに、梁や桁といった構造材が地震の力で変形することを防ぐため、火打ち金物で補強します。

3火打構面

部位:天井裏
材料:火打金物、木製火打
人が乗らない部分であるため、通常の床板を使用するのではなく、火打金物で強度を保つ。

火打金物・木製火打 梁・桁など、水平に直交する部材の四隅を固定して変形を防止するため、斜めにかけ渡された補強材のこと。

東栄住宅の床構面 剛床工法

部位:2F床
材料:構造用合板24mm
床は根太(床の下地)のいらない構造用合板24mmを利用。

適切な箇所に適切な金物を選択することで、力が適切に伝わり、本来の耐震力を存分に発揮することができます。

柱の接合金物

耐力壁の両脇の柱に引き抜きの力が発生するため、耐力壁の配置や強さに応じて柱の上下に設置される。
※仕様が変更になる場合がございます。

筋交金物

筋交い金物とは、水平力に対抗するための補強材である筋交いと柱の接合部に取り付けられる接合金物のこと。

べた基礎は立ち上がりと底面全体が一体の鉄筋コンクリート造となり、建物荷重を底面全体で地盤に伝えるため、基礎の一部だけが沈む「不同沈下」に対する有効な措置と言えます。
また、基礎と土台とをつなぐアンカーボルトは、大きな地震などにより建物が基礎から外れたり持ち上げられたりしないための役割があります。べた基礎は、建物下の地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気を防ぐ効果もあります。

東栄住宅は安心のべた基礎施工

べた基礎(仕上がり幅150mm・底盤厚150mm
鉄筋コンクリート造

東栄住宅の新築をお得に購入はこちら

全棟でW取得【設計住宅性能評価】と【建設住宅性能評価】

住宅性能評価には、【設計住宅性能評価】【建設住宅性能評価】の2種類があります。

「設計」住宅性能評価

「設計」住宅性能評価 設計段階にチェックされるのが【設計住宅性能評価】です。住宅の図面や申請書類等の「設計図書」を国が認めた第3者機関へ提出し、1棟1棟「等級」や「数値」で性能を評価されます。

「設計」住宅性能評価

「建設」住宅性能評価 次に【設計住宅性能評価】で評価を受けた「設計図書」通りに施工されているか、建設中に現場でチェックをおこなうのが【建設住宅性能評価】です。

住宅性能評価の取り組み

住宅性能表示基準には、10分野の評価項目があり、そのうち「4分野」が必須項目になります。東栄住宅では、平成27年4月1日以降、住宅性能表示制度を申請した住宅は、必須項目が変更になり、4つの項目において最高等級を取得しています。※等級の数字が大きくなるほど性能が「高い」ことを表します。

簡単に言えば、「いい家を作って、きちんと手入れをして、長く大切に使う」という考え方の基準をクリアしたものが長期優良住宅です。
長期優良住宅として認定を受けるためには、7つの技術基準をクリアする必要があります。

関連記事:新築一戸建て建売住宅はなぜ安い?大手建売住宅のコスト削減方法は?どうやって作るの?

東栄住宅HPより
東栄住宅HPより
東栄住宅HPより

住宅性能評価は、第三者機関が設計・建物検査(全四回)を実施し、性能を住宅の成績表のように可視化してくれる制度です。取得すると地震保険の優遇が受けられます。耐震等級3の場合、地震保険が半額になります。

1. 基礎配筋工事の完了時

2. 躯体工事の完了時

3. 下地張り直前工事の完了時

4. 竣工時の検査
4回にわたって建物検査が行われます。


長期優良住宅は、長きにわたって住める住宅として7つの技術基準をクリアすると、長期優良住宅として認定されます。

東栄住宅公式HPはこちら

東栄住宅のようなパワービルダーは企画に特化している

関連記事:関西の新築一戸建てを仲介手数料最大無料で購入はこちら

パワービルダーの特徴として、経営の効率化を図るため、建売の企画の経営資源を特化しています。そのため、物件を売るための販売・営業マンをかかえていないため、販売を仲介会社に任せています。そのため、飯田グループの新築一戸建てを購入する時は、仲介会社から購入することになります。

だから、どの仲介会社から購入するかで、購入のための諸費用が、大きく違います。諸費用を現金で出す方が、低金利で購入できるので、諸費用はできるだけ削減して諸費用をなんとか現金でだすのがお得です。諸費用をお得に購入できる仲介会社を選びましょう。

大阪・兵庫エリアの物件検索もできます!東栄住宅の物件を探そう!

東栄住宅はすべての建売で最高のBELS評価を取得

東栄住宅HPより

2022年6月以降のBELS申請物件が対象になりますが、2025年より適合義務化予定の省エネ基準を大きく上回るBELS評価★★★★★(ZEH基準相当)をすべての住宅で取得します。 BELSは省エネ評価に特化しておりZEH基準相当に値する性能を分かりやすく表示する制度となります。

建築物省エネルギー性能表示制度がBELS(ベルス)です。 建物や住宅の省エネ性能をわかりやすく表示したものです。住宅の省エネ性能を法律に基づく第三者認証マークとして、分譲住宅購入時の判断材料への活用が期待されています。

東栄住宅の施工例

大阪・兵庫エリアの物件検索もできます!
住宅ローンの様々な疑問にお答えします!
関西の新築一戸建てをお得に購入はこちら

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました