住宅ローン 繰り上げ返済と住宅ローン控除、どちらを優先した方がおトクなのか?

住宅ローン 繰り上げ返済と住宅ローン控除、どちらを優先した方がおトクなのか?

住宅ローン 繰り上げ返済と住宅ローン控除、どちらを優先した方がおトクなのか?

住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン減税という制度も関わるため、「住宅ローンの繰り上げ返済を早めにした方がトクなのか、それとも、住宅ローン控除を目いっぱい受けたほうがトクなのか?」気になるところです。

繰り上げ返済とは、手元にあるお金で住宅ローンの元金を返済し、それにより、将来の利息負担を軽くすることができる返済方法です。繰り上げ返済には2種類あります。一つは、期間を短縮する「期間短縮型」(毎月返済額は変わらない)です。もう一つは、返済期間は変わらないけれど、毎月の返済額が少なくなる「返済額軽減型」です。

住宅ローン控除とは、ざっくりいいますと、最大10年間、年末時点での住宅ローン残高の1%分の税金が還付される制度です。

 つまり、残高が多いほど住宅ローン控除で還付される税金額は多いため、繰り上げ返済で住宅ローン残高が減ると、節税メリットも少なくなってしまいます。

どちらがおトクかは、借りている金利と、所得税・住民税をどれだけ払っているのかがポイントです。支払っている税金以上に還付されることはないからです。

シンプルに考えると、住宅ローン控除は残高の1%分の税金を還付する制度だから、金利1%以上で住宅ローンを借りている場合は、住宅ローン控除の減少額よりも、繰り上げ返済の利息軽減効果のほうが高くなります

 一方、金利1%よりも低い住宅ローンを借りていて、住宅ローン控除を最大限活用できている場合は、一般的に住宅ローン控除が終わってから、まとめて繰り上げ返済したほうがおトクになります。1%より低い金利ということは、その分利ザヤが取れることになります。現在の低金利の変動金利であれば、現金で、購入できたとしても、住宅ローンを組んで、ローン控除を利用した方がお得になる可能性があります。


ただ、控除の対象となるローン残高の上限4000万円 (一定の基準を満たす住宅の場合は5000万円) を超える分を繰り上げ返済する場合は控除額に関係ないので、どんどん繰り上げ返済した方がお得になります。

現金があっても住宅ローンを組む!だってその方が得だから!

 
 

 

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました