住宅ローン ローン特約による解除とは?仲介手数料の支払義務は?

住宅ローン ローン特約による解除とは?仲介手数料の支払義務は?

住宅ローン ローン特約による解除とは?仲介手数料の支払義務は?

不動産の売買契約で住宅ローンを使う場合、売買契約書に出てくる「ローン特約による解除」はなんなのか不動産取引をするにあたって知っておかなければなりません。

このローン特約とは?解除した場合、仲介手数料は支払う義務はあるのか?

ローン特約とは、「住宅ローンが通らなかった場合、融資承認取得期日までであれば、契約を白紙解除できる」という約束のことです。

買主様がローンを利用する場合、このローン特約を付けて、契約します。

期日までであれば、契約を白紙にできる特約なので、

この住宅ローン特約で解除になった場合は仲介手数料を支払う義務はありません

つまりローン特約で解除になった場合は

  • 売主に対しては支払った手付金なども返還してもらう
  • 仲介業者に対しては、仲介手数料を支払う義務はない

 

一般的な流れでは、住宅ローンの事前審査の承認があれば、売買契約を締結することができ、契約後、融資承認取得期日までの間に本審査の本承認を得るために動くことになります。本審査で万が一住宅ローンが否決されたときに白紙解約することができるようにするために、ローン特約というのがあります

もしローン特約がなければ、「手付解除」「違約解除」という取り扱いになってしまいます。

  • 「手付解除」なら手付金が返金されず没収される
  • 「違約解除」なら違約金(物件金額の10%~20%)を支払う

※手付解除期日を過ぎていれば、違約解除になります。

「手付解除」「違約解除」 の場合、ペナルティが発生します。住宅ローンが否決になった場合に無条件に解約することができる特約、買主様を守る特約が、ローン特約です。

ローン特約のトラブル

ローンを申し込む金融機関名が契約書に書かれていない

不動産売買契約書に、ローンを申し込む金融機関名が具体的に記載されておらず、単に「金融機関等」となっていたり、「市中銀行」となっていたりすることがあります。仮に「金融機関等」となっていた場合には、ローンを希望する銀行で断られても、その他の銀行ではローンが通る可能性があると解釈されてしまい、ローン特約で契約を解除することはできません。
おおまかに記載していると、例えばノンバンクなどでも審査をしないといけないことになってしまいます。

ローンの融資金額が減額された

ローンの金額が具体的に記載されていないという場合もトラブルの原因になります。希望の金額のローンが通らず一部しか借りられなかった場合でも、ローン特約の条件としてローンの金額が明確に記載されていなけば、 「融資承認」は出ていることになるので、解除できないということになります。 事前審査では、物件の担保評価をきっちりしていないことがあるので、そういった場合、減額される可能性があるので注意が必要です。


REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました