新築一戸建ての値引きで知っておくべきこと 建築条件付きの土地つまり自由設計の売り建ては、価格交渉が厳しい!?

建築の基礎知識 新築一戸建て

新築一戸建ての値引きで知っておくべきこと 建築条件付きの土地つまり自由設計の売り建ては、価格交渉が厳しい!?

自由設計の売り建ては、価格交渉が厳しい!?

新築一戸建てで値引き交渉をしたい。新築一戸建てを検討している方は、必ず考えたことがあると思います。実は、新築一戸建てでも建売つまり土地と建物がセットの物件は、値段交渉がしやすいが、建築条件付きの土地つまり自由設計の売り建ては、価格交渉が厳しいという事実です。

建築条件付きの土地で家を建てる場合、自由設計に魅かれて、契約してしまったという方も多いかもしれません。こういった売り建て(建築条件付きの土地)は、自由設計といいつつもいろいろな制限があり、結局は建売とほとんど変わらないのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。

セット価格で販売して、自由設計とうたっている物件も、建築条件付きの土地と同じ内容の物件になります。スーモやホームズで、完成が契約後4か月とか契約後6か月とか記載がある分です。

こういった売り建て(建築条件付きの土地)は 、建売と違い建物を建てるためには、建築工事請負契約を交わす必要があります。契約してから、業者は、建築の段取りを始めます。

建売の場合、更地であったとしても、建物のグレードや仕様はすでに決まっており、建築確認申請もでているので、予定通りの物件ができあがります。建築の条件(間取りや仕様)が確定しているものに対して、この条件であれば購入しますという形で交渉できますが、 売り建て(建築条件付きの土地) は、条件がなにも決まっていないので交渉のしようがないといったところです。

なぜなら、建築請負契約の前であれば、条件が決まっておらず、設備などの仕様のランクを落とされてしまうと値引きしたことにならないからです。仮に値引きしたとしても、裏で、仕様を落とされてしまうと品質が落ちた物件を購入しただけということになりかねません。

建築条件付き土地・売り建ての新築一戸建ての諸費用はこちら

請負契約直前に交渉するしかない

間取りが確定し、建築確認申請が問題なくおり、条件がでそろっている状態で請負契約をする直前に、ダメ元で交渉するしかないので、タイミングや交渉が非常にしづらい物件といえます。

建築条件付きの土地つまり自由設計の売り建てを検討しているお客様や建売の新築一戸建てをご検討の方で、値段交渉をしたい方はお気軽にご相談下さい。

北摂・阪神間の新築一戸建てはこちら

新築一戸建ての値引き相場はこちら

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました