断熱材は、施工精度が重要! グラスウールでは不十分!?ペアガラスとLow-Eガラスの違いとは

建築の基礎知識 新築一戸建て

断熱材は、施工精度が重要! グラスウールでは不十分!?ペアガラスとLow-Eガラスの違いとは

そもそも断熱性能とは

断熱性能は材料の熱伝導率と厚みで決まります。熱伝導率とは、その材料の厚み1mあたり温度差1度あたり何ワットの熱が移動するかという物質固有の値です。断熱性が低い材料でも厚くすれば断熱性能がよくなります。

新築一戸建でよく使われるグラスウールは大丈夫?

世界的で、一番多く使われている断熱材は、グラスウールです。グラスウールの一番のメリットはコストパフォ-マンスです。そのため、新築一戸建ての建売住宅で使用されているのは、ほぼグラスウールといっても間違いないでしょう。仮に断熱性が低くても、断熱性は厚みでカバーできます。施工精度がたかければ、グラスウールは、すばらしい断熱材といえます。精度の高い気密シートの施工等正しい施工をしていればベストな断熱材です。施工精度が低い場合、壁内結露で家が腐るリスクが生じますので注意が必要です。

グラスウールは施工精度さえ高ければ、すばらしい断熱材です。

株式会社アーネストワン 大手建売住宅

断熱材にこだわり高断熱の家をつくろうとすることは、大切ですが、断熱材より重要なことがあります。なぜなら熱の出入口は壁からよりも窓からの方が圧倒的に出入りするからです。

夏には窓からの熱の70%以上が室内に入り、

冬には室内の熱の50%近くが外に逃げているといわれています。

その為、住宅そのものの断熱性能を上げたところで、窓の断熱がおろそかになっていると全く意味がないことになります。まずは窓にどんな断熱性能のあるものが使用されているかあるいハウスメーカーで家を建てるのであればどんなものを選択するかで、家自体の断熱レベルが決まってくるということです。

建売の場合、多く窓をつけたくても、企画で窓の数は決まっていますが、ハウスメーカーの注文建築で、より明るい部屋にするためより採光性を求めて、部屋に窓をたくさん付けたいといったような場合、断熱性能が低い新築一戸建てになってしまう落とし穴もございます。

冬の寒い日に、北側のサッシが結露がびっしょりという経験は、あるかと思いますが、サッシに結露しやすいのは、家の中ではサッシが一番熱を伝えやすくて、外気温により近くなるからです。

サッシの枠は、金属の中でも熱を伝えやすいアルミ製がほとんどです。

ペアガラスと Low-Eガラスの違いは?

窓には、断熱の落とし穴があります。
落とし穴にならないため、かなり以前から、建売の新築一戸建て住宅でもペアガラスが採用されてきました。
ペアガラスは、ガラスが2枚セットになって間に空気層が入っているものです。これも空気層により断熱性が高まります。ペアガラスだから安心というわけではありません。

建売の新築一戸建て住宅の中でも、 Low-Eガラスを採用しているところもあります。

Low-Eガラス は、 Low Emissivity(ロー・エミシビティー)の略で、『低放射』という意味です。 特殊金属膜をコーティングした低放射(Low-E)ガラスを使った複層ガラスを、Low-E複層ガラスと呼んでいます。
Low-E 金属膜は、「放射」による伝熱を少なくする性質を持っています。

「放射」とは、暖房器具に手をかざした時、暖かく感じられる状態のことです。
目に見えない熱線の放射が手に伝わる熱を 『放射伝熱』 といいます。

Low-EガラスLow-E金属膜が、室内にある熱を反射することで、室内の熱が室外に逃げるのを抑える働きをしています。

また、アルミサッシでも、二重に取り付けることによってサッシの間に空気層ができ、断熱性が高まります。

サッシ枠もアルミだけはどうしても冷えてしまうので、樹脂製のサッシを採用すると、断熱性を高めることができます。

関西の新築一戸建てを賢く節約して購入はこちら

北摂・阪神間の新築一戸建ての検索はこちら

住宅ローンの疑問はこちら

新築一戸建ての様々な疑問はこちら

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました