住宅ローンの連帯保証人は絶対必要なの?

なにか大きな金額をローンを組む時、保証人が必要なイメージがある方もいるかもしれません。住宅ローンを借りるために連帯保証人が必要?

答えからいいますと、必ず必要ではありません。

住宅ローンの連帯保証人とは、借金をした人が返済できなくなった場合、または、支払いが滞った場合に銀行が返済を請求できる人のことです。

住宅ローンの借り入れの際、原則として連帯保証人は不要です。 購入する物件自体が担保となっているため、銀行は資金回収の目途が立つからです。 つまり、いざというときは不動産を売ったお金を銀行の返済に充てられ、金融機関側の貸し倒れリスクが回避されることから、連帯保証人が不要となるケースが多いのです。

連帯保証人を立てるのではなく、保証会社を利用しています。 大手銀行や地方銀行では、保証料を支払ったり、金利に保証料を上乗せする形で保証人不要の住宅ローンサービスを行っています。

そして、保証会社とは、保証人の役割を代行する会社のことをいいます。 保証料を支払うことで保証会社が保証人の代わりとなり、万が一ローンの返済が難しくなった場合、銀行に返済を代行する仕組みです。

プロパーローンとは!?

住宅ローン借り入れの際、保証会社の加入をすることが大半ですが、保証会社を利用しない住宅ローンは「プロパーローン」と呼ばれています。

プロパーローンの代表的なのが、 「フラット35」 です。 保証会社の審査がないため、通常の住宅ローンより、審査が緩めです。

又、「連帯保証人」「連帯債務者」は、その役割が似ていることから混同されやすいですが、違います。
たとえば、連帯債務の場合、金融機関から夫婦で借り入れした場合、金融機関は夫だけに全額の返済を求めても良いですし、それぞれに半額の返済を請求しても良いのです。 夫婦それぞれに全額の返済を請求することもできます。連帯保証人の場合、金融機関から借り入れした本人が返済しない場合に、保証人が借入者と連帯して債務を負うことをいいます。

ポイントは住宅ローン減税です。

連帯保証人は事実上債権者と同じ義務がありますが、住宅ローン減税の適用はできません。 連帯債務者は借金の名義人の1人となるため、住宅ローン減税は持分割合に応じ使うことができるのが特徴です。

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/