どこの不動産会社に行っても同じ物件を紹介される理由

まず、不動産業界のしくみを知ることが大切です。

どこの不動産会社に行っても同じ物件を紹介された経験はあると思います。

大手と中小の不動産会社関係なくの情報に差がないのはレインズの仕組みがあるからです!!

中古物件、新築物件ともに、いろいろな不動産会社に回る必要はなくなりました。

販売中の物件のほとんどは当社で取り扱いが可能です。

どこの仲介会社で購入するかで、諸費用が大きく変わります。

諸費用を削減したいお客様は是非、当社をご利用下さい!

どこの不動産会社に行っても同じ物件を紹介される理由

不動産業者は売却等の依頼が入った場合、その物件を不動産流通機構が運営している不動産情報交換のためのコンピューター・ネットワーク・オンラインシステム「REINS(レインズ)」に登録することが義務付けられています。 このシステムがあることで、広く迅速に物件の公開をすることが可能になります。

このレインズのシステムを有効活用して、システム化されたのが大阪・兵庫 新築建売.com無料or半額システムです。

大阪・兵庫 新築建売.comでは、新築一戸建て建売に限定して、仲介手数料の特別割引を実施しております。他社では、購入する時にかかる仲介手数料が、100万円かかる同じ物件が、当社では、無料で購入できるかもしれません。新築一戸建ての建売は、無料にできない物件は、半額となります。新築一戸建ての建売の購入する時の仲介手数料が無料or半額でご利用いただけるシステムです。

家を購入する時、なんとなく諸費用は必要なんだろうと認識されている方は多いですが、 諸費用に占める仲介手数料の割合がこんなに大きいとは思わなかった。あるいは、具体的な商談になってから気づくかたがほとんどで、多くの方は、具体的に、物件が決まって、諸費用がこんなにかかるのかと気づいた時に、仲介手数料の金額の高さにも気づくと思います。

ポイントは 諸費用は同じ物件を購入するのにどこでも同じではないということです。

どうして仲介手数料無料にできるの? 下記URLをご覧下さい。

https://www.realinfobank.com/pages/tateuri/

なぜ無料にできるのか気になると思いますが、理由は3つです。

➊売主様(分譲会社)から手数料をきっちりいただける物件については、お客様より仲介手数料をいただいておりません。

❷広告宣伝費等のコストを徹底的に削減しているからです。

❸サービスの質が落ちないのは、スタッフがみんな顧客満足の最大化を目指しているからです!

ポイントは、 新築物件のほとんどは、当社で取り扱い可能だということです!

もう少し詳しく説明しますと、
★従来の売込み型の営業スタイルである不動産会社では、毎週折り込まれる大量の折込チラシやテレビCMなどの広告費、フランチャイズの加盟料・ロイヤリティ、電話・訪問・販売をする沢山の営業マンにかかる人件費、など非常に多くのコストが掛かっているのです。
多くの不動産会社にとっては、仲介手数料だけの収入に対し、広告費や人件費という膨大な支出があるために仲介手数料無料サービスが困難なのです。
★当社では、お客様さまの期待に応えるために、折込チラシは一切行わずに、 広告はインターネットのみとすることで大幅な広告宣伝費の削減を行っています。

また、「何より仕事大好き!そして、お客様の喜ぶ顔を見るのが大好き!」な少数精鋭のスタッフで運営しており、人件費の削減にも努力しています。

 ■新築建売.comであれば、お客様の理想の物件が探せます■

当社の営業スタイルは

「自社物件」+不動産流通機構(レインズ)

のすべての物件からご紹介が可能となっております。

当社のお得は

「価格交渉+仲介手数料(無料or半額)

で更にお得に購入できます。

新築建売.comとは、

1)新築専門サイト新築建売.comでは仲介手数料無料or半額の独自のサービスを実施しております。又、住宅ローン事務手数料(10万円)も無料です。

2)ローンの資金相談、ファイナンシャルプランナーとの資金相談・住宅ローン相談無料でご相談できます。

3)物件探しのポイント、知らないと損をする金利のことや不動産事情など丁寧にご説明させていただきます。

「りかみかフリー...」の画像検索結果

お気軽にご相談下さい。

当社はローン事務手数料も無料です。

他社と比較してください!

サービスは大丈夫なの?

仲介手数料無料は確かに魅力だけど、その分サービスが悪くなったり、 対応が悪かったりするんじゃないの?」

そう思われる方も少なくないでしょう。それでなくても、不動産会社というのはあまり良いイメージではありませんし、今まで不動産会社側がどれだけサービス向上に努力していたかというと、業界内にいる私自身大いに疑問です。ですからここでハッキリと断言しておきたいと思います。

新築建売.comでは、仲介手数料が無料の場合であれ、割引の場合であれ、そのサービスが他の不動産業者より勝ることはあっても劣ることは一切ありません。

不動産のプロである以上、絶対に本来の業務を削る訳にはいきません。
仲介手数料を満額頂いている不動産会社(大手を含む)が行っている業務と
全く変わりはなく、本当にお客様の利益になるサービスを実施しております。
本来の業務を削って行うサービスは、サービスではないと思っております。
本来の業務があってのサービスなので、大事なところはそのままで、
そこに企業努力で独自のサービスをプラスしております。

無料でもサービスはそのまま、それ以上です。

低価格高品質なサービスを目指しております。

「ガッツポーズフ...」の画像検索結果

当社では、適切かつ、ベストなご提案をするため、まずお客様の考え方、価値観をきっちりヒアリングした上でご提案するように心がけております。ご不明な点がある時は、お気軽にお聞きください。

又、希望がございましたら、資金的にご不安がある場合、当社が提携しておりますFP(ファイナンシャルプランナー)に無料で資金相談ができるシステムがございます。お気軽にご相談下さい。

仲介手数料が安いだけでない、賢い住宅ローン選びのサポート

例えば4000万円のローンを35年組み、金利が0.5%違うだけで、総返済額は、400万円くらいがでてきます。だからこそ、最適な住宅ローン選びが重要になります。当社では、希望があれば、提携のファイナンシャルプランナーと相談することも可能です。お気軽にご相談ください。金融機関のご紹介や住宅ローンの手続きサポートも、すべて無償で対応致します。

【質問】疑問として、正規の手数料を支払わなければ物件のアフターサービスや取引後のトラブルが生じたときに問題がでてくるのではないか?

【答え】物件のアフターサービスは、売主様の義務であり、基礎構造の主要部分における10年保証は必ずございます。又、それ以外の部分については1年から2年のアフターサービスがございます。新築の場合、各分譲会社のアフターサービス基準に従い、2年点検、…10年点検等を行います。 (サービス内容は分譲会社によります。) そのため、正規手数料3%+6万円を支払ってないからアフターサービスがおろそかになるということは全く関係ございません。売主様(分譲会社)と当社は全く別物です。どの仲介会社を通して購入しようが、保証とアフターサービスは全く同じです。瑕疵担保責任は分譲会社(売主)の責任です。当社は、アフターサービスの売主様の義務の履行が行われない場合、仲介業者としてその回避のために全力を注ぎ、動きます。

 【漠然と感じる不安】

①仲介手数料は無料の場合、余分に他に費用がかかるのでは??

仲介手数料以外の金銭は一切いただいておりませんのでご安心下さい。無料対象物件であれば、買主様から金銭を一切いただいておりません。

②バックマージンの高い会社ばかり紹介されるのでは??

そういったことは、一切ございません。当社は低価格で高品質なサービスを目指しております。

③しつこい営業をされるのでは??

➡当社では個人情報なしでも問い合わせができるようにLINEを設置しております。 インターネットでは玉石混交した情報がありすぎて、なかなか頭の中が整理しきれず、不明瞭なままになっていることが多いと思いますが、要所で的確なアドバイスを心がけております。

昔と今の建売事情のREALな情報

建売というと、安かろう悪かろうと言われた時代は過去のことで、現在の建売住宅は非常にコストパフォーマンスに優れた物件が多くなっております。土地や建物についての疑問点や、一般の方がなかなか気づきにくい点も的確にアドバイスさせていただいております。お気軽にご相談下さい。

リーズナブルな価格が魅力の建売住宅、これらの家はネットの口コミでは悪い噂もあったりしますが、メリット・デメリットをきっちり理解いただけますとよりご納得いただけるかと思います。

実際には注文住宅と建売の部材に関してはそれほど大きな差はなくなってきている印象です。

「解説フリー素材」の画像検索結果

分譲会社が低価格で質が比較的高くコストパフォーマンスの高い物件は営業マンを自社で抱えずに企画に経営資源を集中させて、経営コストを抑え、薄利多売で事業を 展開しているところが多いため、そのほとんどが仲介業者が営業する仕組みになっております。ほとんどの建売は不動産業者を通して購入する形になりますので普通は必ず仲介手数料が必要です。自社で営業マンを抱えて直売したり、専任で販売をしている物件はどうしてもその分、コストがかさむ為、少し割高な物件になってしまいます。  

「家フリー素材」の画像検索結果

    新築一戸建ては、ほとんどの分譲会社は、「自社販売」せずに、不動産仲介会社に任せて 成約時には手数料を払っております。   何故かといいますと、「自社販売」すると営業マンを抱えることになり、毎月人件費が発生するからです。当然、営業マンにコストがかかる分、お家の価格は高くなります。直売の物件が少し価格が割高なのはそのためです。不動産仲介会社に任せた方が、圧倒的にコストが安くなるからです。

不動産の本質的なREALな情報はググってもわかりません。

一番新しく本質的な情報はGoogleで探しても見つかりません。 すごく大切なノウハウは検索しても出てきません。 ノウハウは、本質的には人にしか蓄積されないので、人に聞くしかありません。 Googleで検索しても、一生答えにたどり着かない可能性さえありますし、間違って理解していることもあると思います。 本当に大事なことや最先端のことはWeb上で探すには限界があります。

企業のトップも一番大事な話は、会って話す

臆せず信頼できるプロに聞くことが、家探しを間違えないために、非常に重要です。

「こんなこと聞いたら、何か変に思われるかなぁ」と思い悩む時間が、実は一番の時間ロスです。 情報は無料といわれていますが、結局、全然表に出てこない大切なノウハウや本当に重要な情報は手間暇かけないと手に入りません。

人目に出すことを前提として出されている情報は、所詮表向きの情報だったりします。 直接信頼できるプロに聞きに行ったり、会話をしたりしないと出てこない情報があります。  

但し、聞く人を間違えるとミスリードされてしまいます。   会話には「見えない情報」がつまっています。メールではうまくいかなかったことが、直接会って話すことで解決するというのはよくあることです。 お気軽にご相談下さい。

パワービルダー(建売業者)との価格交渉のコツ 【新築一戸建て建売住宅の値引きの秘訣】

「解説フリー素材」の画像検索結果

価格交渉は誰がするのか?

不動産仲介会社の営業マンを通して物件を検討している場合、
売主(分譲会社)と値引きの交渉をするのはその仲介会社の営業マンがすることになります。

買主様本人が売主(分譲会社)と直接値引き交渉することは、ございません。

当社が代理で価格交渉をさせていただきます。

価格交渉のタイミングは買い付け申込書を記入するタイミングです。

同時に価格だけでなく、引き渡しの期日等商談します。

契約(商談)がまとまってしまってから、価格交渉はできません。

売れ筋物件で申し込みが重なってきたり、価格改定後、それほど時間がたっていない場合は、価格交渉は難しいです。売れ筋物件の場合は、1番手を確保することが一番大切になります。

原則は、書面の順番ですが、ローンの審査がまだの場合、1番手を確保できない分譲会社もございます。

【不動産の価格交渉の方法ついて】

不動産のお取引では、口頭で価格交渉をする事は出来ません。

価格交渉をする場合は、不動産購入申込書(買付証明書)に「契約希望価格」をご記入して交渉します。

この金額であれば間違いなく買いますと意思表示をしないといけません。

もし、口頭や電話で売主側に値下交渉をしても、売主側からは、「まずは、買付を提出して下さい」と必ず言われてしまいます。

不動産のお取引では、不動産購入申込書(買付証明書)を記入して売主側に提出して価格交渉をおこないます。

「価格○○○万円に価格が下がれば、○月○日に間違いなく契約しますので。」という意思表示を買付証明書を使ってお客様に代わり当社が価格交渉を行ないます。

当社では、お客様に少しでも安くご購入頂きたいと思っておりますので価格交渉については、お気軽にご相談ください。

【価格交渉が不成立の場合】

価格交渉の結果、売主側に断られる場合も御座います。
断られた場合、「それではいくら位なら大丈夫でしょうか?」と売主側から妥協価格を聞き出しますので、その妥協価格をお客様へお伝え致しますので、お客様は、その妥協価格で再びご検討していただくことができます。何回かキャッチボールをすることもございます。

価格交渉が不成立になって不動産購入申込をキャンセルしても、問題は全く御座いませんのでご安心ください。

【価格交渉が出来る物件と出来ない物件がございます。】

お客様から「この物件は、いくらくらい値下交渉できますか?」などのご質問を良く頂きます。

物件によって価格交渉が出来る可能性がある物件と全く出来ない物件が御座いますので注意が必要です。

「ガッツポーズフ...」の画像検索結果


【値下交渉が狙える物件】

 ①完成後、しばらく時間がたっている物件を狙う

販売開始されて1度も価格が下げられないまま、2~3ヶ月位以上経過した物件。

完成して2~3ヶ月以上経過しても価格が下げられていない物件。

価格変更はされているが、大手の建売会社の物件で完成して3カ月以上経過している物件。

こういった物件はうまくいった場合は、端数分の80万円~100万円位の値下交渉を見込める場合があります。

大手の建売会社は、資金の回転率を強く意識しています。

早く資金を回収して、そのお金を次の資金に投入したいと

思っていますので、交渉のタイミングとしては完成後、時間がたっている物件がベストです。

又、多棟現場(大きな分譲地)で最後の1棟とかの場合、交渉しやすいです。

建築中の物件は、価格交渉は残念ながら難しいです。あるいは、全くできないケースもございます。

やはり、価格交渉に関しては、完成後、時間がたっている物件がやりやすいです。

ただ、人気物件は、建築中でもどんどん売れていく可能性がございますので、見極めが必要です。

又、会社によって、価格交渉がしやすい会社としにくい会社が

ございます。ある程度そのあたりを見極めた上で探すと

いいかもしれません。

②分譲会社の決算期を狙う

大手の建売会社の場合、上場しておりますので、各会社

予算があります。

売り上げが足りていないときは、

交渉のタイミングとしては、ベストです。

ただ、年間の売り上げ目標が

達成されてしまっている場合は、

それほど期待できません。

又、売り上げ規模の小さい中小の建売会社が売主の場合、厳しいことが多いです。

その場合、うまくいったとしても30万円から50万円程度です。

「残念フリー素材」の画像検索結果

地元の工務店や中小の不動産会社の物件は

価格交渉は厳しい!

そもそも案件が少ないので、利益をきっちり確保していく形で

事業をおこなっており、価格変更もあまり行いません。

1件でも赤字がでると大変なことになります。

価格交渉をする上では大手建売会社の方が

できる確率は高いです。

大手建売会社でも価格交渉ができる会社としにくい会社がございます。   違いは、在庫回転率に対する考え方です。   大手総合不動産会社の分譲マンションを例にすると、在庫が1回転するのに要する時間は、「値下げせず時間をかけて売り続ける」という利益重視の住友不動産が3.3年。 利幅よりもスピード重視とされる野村不動産は1.5年と最も回転が速いとされます。 三菱地所で2.1年。   建売業界でも値下げせず時間をかけても売り続ける考え方の大手建売業者と利幅よりもスピードを重視する建売業者がございます。

従来、分譲マンション事業は他業種以上に回転率を高めることが善とされ、在庫を抱えず、回転率が高ければ高いほど、早期の投資回収ができ、金利負担も抑えられるからです。

建売業界も同じで、回転率を高めることが善とされ、回収した資金を次の資金に回し利益を得ていくという考え方です。

回転率を強く意識する会社ほど、契約の期日が短くきられるので注意が必要です。

銀行によっては融資実行まで時間のかかるところもあり希望の金融機関が使えない可能性がございます。  

ちなみに2018年3月期連結決算では、三井不動産と三菱地所、住友不動産、そして東急不動産ホールディングス(HD)の大手4社が、売上高、最終利益とも過去最高です。  “総合”デベロッパーである大手不動産の稼ぎ頭は総じて、オフィスビルなど旺盛な需要に支えられた賃貸部門。最大手の三井不動産では18年3月期の売上高のうち賃貸部門が3割強を、営業利益では過半を占めており、「丸の内の大家」こと、三菱地所に至っては同期、売上高のうち4割強、営業利益では7割近くを賃貸部門となっております。  

「なるほどフリー...」の画像検索結果

【価格交渉成功の秘訣】

値下交渉の金額について

新築分譲業者では、現場ごとに物件担当者います。
買付は、その物件担当者がチェックした後に上司に渡ります。

上司がチェックした後に決裁権者(本社や社長)へ稟議にあげられ、決裁権者が価格交渉金額の判断をします。

ダメ元で大きな金額の値下交渉の買付を入れても担当者や上司レベルで断られてしまい結局、買付が決裁権者へ届かずに価格交渉のテーブルにすら載らない事になります。

ダメ元で大きすぎる金額の価格交渉の買付を提出しても成功する事は、殆どありません。

ほどほどの金額で勝負するのが、一番です。大きな金額で価格交渉すると、担当者レベルで、購入する意思が薄いお客様という判断がなされ、満額で返答されてしまう可能性(つまり1円も引かない)が多々ございます。

購入の流れはこちら

https://www.realinfobank.com/pages/buy/

新築建売.com どうして無料でできるの?はこちら

https://www.realinfobank.com/pages/tateuri/

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

お気軽にお問合せ下さい。

06-6155-4980