【街レポート】L型側溝とU型側溝の違い 池田市の道路境界に設置する側溝整備基準

街レポート【北摂・阪神間】

【街レポート】L型側溝とU型側溝の違い 池田市の道路境界に設置する側溝整備基準

通常、側溝は 道路の一部で、所有権や維持管理責任は道路管理者つまり池田市にあります。
当然、接道土地の所有者の一存で改修や補修は出来ません。

L型側溝とU型側溝の違い

宅地開発等で使用する側溝には、U型側溝 L型側溝があります。

L字型側溝 

U字型側溝


基本的に、L型側溝はU型側溝と違うところは、雨水管などの排水施設が併設されていて埋設されていることが採用の前提になります。

単純にL型側溝とU型側溝の価格を比較すればL型側溝の方が安いです 。

雨水管を敷設しないといけない場合、U型側溝の方が全体的に安くなります。

関連記事:豊中市の場合、側溝は敷地内側溝であるはこちら

2項道路の道路後退部分を寄付するためにはU字側溝が必要

2項道路で、セットバック部分を分筆して、道路部分を寄付する場合、市の定める寄付基準を満たしていなければなりません。

関連記事:セットバックとは?道路が2項道路とは

2項道路で分筆して、池田市に寄付する場合、U字側溝であることが条件になります。

池田市のホームページ道路についてはこちら

関西の新築一戸建てを仲介手数料無料・半額で購入はこちら

住宅ローンの疑問はこちら

新築一戸建ての様々な疑問はこちら

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

タイトルとURLをコピーしました