年間110万円贈与は税金かからない!?

年間110万円贈与は税金かからない!?

「暦年贈与」とは。。。

親族を含め、人から財産をもらうと贈与税がかかりますが、年間合計110万円までは、非課税で税金がかからない「暦年贈与の制度」をご存知ですか?

年間合計110万円までは税金がかからない「暦年贈与」とは 暦年贈与とは、暦年(1月1日~12月31日)ごとに贈与を行い、その贈与額が年間110万円以下であれば、贈与税がかからない制度のことです。

この110万円の非課税枠は贈与を受ける側を基準として計算するため、子どもが2人いる場合は、それぞれに110万円ずつ渡すことができます。

暦年贈与は、孫や子どもだけでなく、財産を残したい人に渡せるうえ、相続財産を減らすことができるので、相続対策にもなるとても有効な手段です。

暦年贈与の注意点 は、受け取る側の年間合計額が110万円を超えると贈与の対象になります。 ここで注意したいのは、さきに述べたようにこの制度は受け取る側を基準としているので、年間合計額が110万円を超えると贈与の対象になることです。

また、 亡くなる前から3年以内の贈与は、生前贈与ではなく相続税の対象となるというルールがあります。 これは、年間合計110万円の非課税枠の生前贈与も対象になるので、生前贈与するときは、相続時期が近くなって駆け込みでバタバタと行うのではなく、計画的に進めることが大切です。

暦年贈与を利用する際は預金通帳に記載され、証拠と残るようにすることがポイントです。

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/