買取り相談

アーバン・サイエンスの買取り

具体的に以下のような条件の場合、仲介で売却するより買取が向いていると言えます。

・すぐに現金化したい(即時買取)
・現金化したい時期が確定している(買取保証)
・仲介手数料などの経費を支払う余力が手元にない
・売却していることを知られたくない
・築年数の古い物件を売却する

具体的に、転勤が決まっておりすぐに売却したい場合や、遠方の不動産を相続しており、売却に手間をかけたくないなどの理由で買取が選ばれることが多いようです。また、造成や解体などすれば売却できるが、そのための費用を捻出できない場合には買取で現状のまま売却することができます。

「仲介」による売却でも、「買取」による売却でも営業マン選びが重要です。

「買取」では不動産会社に直接買い取ってもらうため、価格査定が重要です。

一方、「仲介」は価格査定が重要なことに違いはありませんが、単に査定価格の高い不動産会社を選ぶのは問題です。

高い査定価格を出し、先に媒介契約を締結して、売却活動中に値下げを繰り返す不動産会社や営業マンが多く存在するからです。そういった営業マンを避けるためには、顧客目線で動いてくれる営業マンを選ぶとともに、査定価格の根拠を聞いた上で信頼のおける会社を選ぶようにしましょう。「仲介」による売却でも「買取」による売却でも基本的には信頼のおける営業マンにまかせることが大切です。

当社では、少しでも高い金額でのご売却が可能になるように

買い取り業者(大阪府下・兵庫県あるいは全国))のオークション最高値売却も選べる仕組みになっております。

どこの業者が一番高値でいけるかある程度、把握しているからこそできることです。

是非、一度当社のシステムをご利用下さい。

任意売却とは

●自己破産・競売を回避できる任意売却とは?  

これ以上、住宅ローンの支払いが厳しい方!

任意売却とは、裁判所に不動産を競売にかけられる前に、債権者と合意を図り、所有者が自分の意志(任意)で不動産会社などの業者を通じて不動産(担保不動産)を売却することで、その売却資金を借金の返済に充てることです。

競売は裁判所主導で決まった手続きのもとで進めるため、売却までに時間がかかり、通常の売買よりも安くなる場合が多いです。このようなデメリットを避けるために任意売却という手法を利用します。

●一般の売却の場合、住宅ローンを借り入れていると残債より売却価格が高くないとできません。そういったとき競売ではなく、金融機関との合意に基づき不動産の売却が可能になるのが任意売却です。任意売却を活用すると競売よりも高い価格で早く売却でき、売却後の残債務の圧縮や引っ越し代の捻出もできる可能性がございます。

解決方法をご提案します。お気軽にご相談下さい。

★★滞納が続くと、最終的には競売処分が待っています。

住宅ローンの返済が苦しくなり、返済が遅れ気味になってくると、家計は黄色信号の状態になっています。そして、「1ヶ月ぐらいなら、来月に2ヶ月分まとめて払えば大丈夫だろう」と考えます。しかし、せいぜい10数万円の返済もままならない状態で、2ヶ月分というのは厳しいはずです。

それでも、滞納が2ヶ月以内であればまだ望みはあります。

金融機関と話し合って、滞納額の利息分だけでも返済していければ最悪の事態は免れます。

しかし、滞納が3ヶ月になってしまうと、金融機関から最終督促が届き、この時点で“ブラックリスト”に登録されます。そして「残りのローンを全額払ってください」との一括返済請求通知が届き、一定期間が経過したのちに「返済されないのであれば、競売の手続きを開始します。」との通告が来てしまいます。

競売になるとローン返済が無くなると思われるかも知れませんが、まったくの誤解です。

競売は相場よりもかなり低い金額で売却処分され、相殺しきれなかった残債分については、その後も返済し続けることになります。家がなくなったのに借金は払い続けなければならないのです。

★★競売を回避する方法はあるのか?

競売を回避するための残された方法、それが「任意売却」です。

これは、競売による処分価格での売却ではなく、相場に近い価格で売却が可能な方法です。

競売となれば、まさに“すべてを失う”ことになりますが、 任意売却なら再建の道が残ります。

但し、任意売却には非常にタイトなタイムリミットがあるため、任意売却を専門的に扱う不動産会社の協力を得る必要がございます。

★★住宅ローンが苦しい状態になった時、漫然と時間を浪費するのが一番悪いことです。

できるだけ早い時期に不動産会社に相談して、アドバイスを受けるようにしましょう。

★★苦しい時にやってはいけないこと

住宅ローン返済が苦しいのですから、家計そのものが苦しいということになるのでしょう。こんな苦しい状態が慢性化してしまうと、そこから抜け出すのはなかなか難しくなります。

そしていよいよピンチになった時、悪いとわかっていても手が出てしまうモノがあります。“カードローン”ですが、生活費をカードローンに頼るのはとても危険です。

ましてや住宅ローンに充てるなど絶対にやってはいけません。

任意売却にかかる費用 持ち出し費用はございません!

通常、不動産仲介の取引においては次のような費用がかかります。

●返済充当分⇒金融機関 ●印紙代(売買契約書に貼る)

●仲介手数料⇒不動産会社 ●抵当権抹消登記費用⇒司法書士

●固定資産税・住民税⇒市役所 ●引っ越し費用

●マンションの場合管理費等の清算⇒管理会社、管理組合

任意売却といっても不動産の売却に変わりがないため、同じように費用はかかります。

任意売却の場合のメリットとして、売主が上記の様な費用を自己資金で持出し負担する費用はありません。

任意売却に必要な費用は、不動産を売却した金額から支払われます。

●任意売却を依頼して取引ができなかったとしても費用は無料ですのでお気軽にご相談下さい!

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/

お気軽にお問合せ下さい。

06-6155-4980