人生100年時代 35年ローンと50年ローン

人生100年時代。そう考えると35年ローンが短く感じてしまいます。

又、100年という期間を考えると、35年で繰り上げ返済をしなくてもと思ってしまいます。長生きすれば、35年ローンであれ、資産価値のある物件であれば、購入の方がお得といえます。賃貸は永遠のローンですから。。。

どこに住もうが、必ず住宅費はかかります。

平成の時代は企業の設備投資が伸び悩むなかで、良質な住宅の購入支援は、住宅政策、経済政策としても大きな意味を持ち、 バブル崩壊後、商業不動産への取り組みには慎重にならざるを得なかった銀行は、ますます住宅ローンに注力するようになり、過剰競争で、今の異常なくらいの低金利が実現しています。

最もインパクトの大きい施策は、住宅金融公庫の一戸建て住宅ローンの最長期間を25年から35年になったことです。 月々の支払いが、ぐっと安くなるので、借入を多くできます。
民間の金融機関の住宅ローンもこぞって35年の住宅ローンが当たり前になり、今に至ります。当然、 返済期間を伸ばすと、借り主の負担は減らず、逆に増えてしまいます。

35歳で25年ローンを借りた場合、60歳で残高がゼロになります。

その後は補修等は、必要ですが、家賃を払うことなく一生住み続けることができます。

35歳で35年ローンだと、60歳の時点でも残高が残り、70歳までさらに10年間返済が続くことになるので、65歳くらいまで働くとすると5年から10年くらい繰り上げ返済で、短縮する目標にする感じが理想だと思います。当然、支払いが滞らせれば抵当権を実行され、家を奪われてしまいます。


ポイントは、60歳で定年を迎え、継続雇用で収入が激減したとき、その後10年間問題なく住宅ローンを返し続けられるか?

あるいは、終身雇用が崩壊し、転職が当たり前の時代に、万が一、収入が減った時問題なく住宅ローンを返済し続けることができるか?

そのあたりを、考えた上で見極めることが大切になります。

ポイント1 借入できる金額が、返済できる金額ではない !

ポイント2 ローンの支払い+貯蓄ができるか

以上が、住宅ローンを考える上で重要なポイントです。

又住み替えも当たり前の時代ということを考えると、もう一つ重要なポイントがあります。

 ポイント3 資産の目減りしない資産価値のある物件を購入すること

やはり、貸せる住宅を意識して、購入しないといけないと思います。購入する時、必ずいくらで貸せるかもチェックしましょう。

50年ローンをご存知ですか?

消費増税後の経済対策をにらんで、住宅金融支援機構が「長期優良住宅」を担保とするものに限って、期間を50年(または最終年齢が団体生命保険の付保上限である80歳)にした住宅ローンの受付を開始しました。

50年ローンを貸し出す銀行もすでにありました。返済期限までに死ねれば、団体信用生命保険(団信)で返済できるとは思いますが、あまり手を出さない方がいいと思います。

住宅投資を促進し、景気を活発にしたい政府、少子化で新築住宅着工が伸び悩んでいる住宅業界、住宅ローンぐらいしか貸出先が見出せない銀行の三者がからんだ苦肉の策といえます。

定年後、老後の返済の問題を十分に考えてからローンを借りてくださいと促している不動産業者や銀行は、皆無だと思います。

「借りやすい」住宅ローンは、経済対策や不動産会社・銀行の儲けのためにあるとも言えます。

知識なく不動産を購入することは、非常に危ういと考えます。

短期的な視点だけでなく、長期的な視点でも見る必要があります。

各個人が負担を支えきれなくなった場合のリスクヘッジも考えておく必要があると思います。 東日本大震災では住宅再建にあたり、ローンの二重債務に苦しむ住民が数多く出でましたが、 津波で家は流されても、ローンは流されないことも、知っておかないといけません。

人生は、どれだけ稼いだかより、どれだけ幸福を感じることができたかだと思いますので、質の高い住宅を購入して住むことは、より幸福の多い人生のためには、いいことだと思います。賃貸では、なかなか満足できるところは少ないかと思いますので。。。

低金利のおかげで、質の高い住宅を安く購入できるようにはなりましたが、「家にしばられない人生」 を頭の片隅に置いておきましょう。

REAL BANK
未来の価値ある住文化を創造する
アーバン・サイエンス株式会社
〒564ー0063
大阪府吹田市江坂町1丁目16番10号 メゾン江坂102
TEL 06-6155-4980
E-mail:info@realinfobank.com
【当社HP】
https://www.realinfobank.com/